→旅・ツーリング情報TOPへ

2013年08月17日

無事帰還|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング

翌朝。
お宿の中は、暖炉が燃え、暖かで快適でした。
暖炉|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング

が、お外には、雪が積もっていました。
桜に雪|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング

桜に雪。
美しいけれど、萎える風景。

愛車に積もった雪|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング
もちろん、愛車:ハレ吉くんにも、雪が容赦なく積もっていました。

わたしは、無事におうちに帰ることができるのでしょうか┌(; ̄▽ ̄)┘

お宿のご主人に「ましそうな道」を教えていただき(今となっては忘却の彼方)、その道を進むことにしました。
美女街道|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング
ああ。でも、こんなに雪化粧してました ̄ー ̄)ノ"

美女街道|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング
道は終始、こんな感じで、たまーに道の真ん中に「とけてよ、雪」がありました。

「高速にのれば大丈夫」「高速にのるまで、がんばる」と、自分を励ましながら、寒さに凍えつつ(だって能天気に春仕様ですもの)どうにか、高速道路までたどりつきました。

そこからは、なんてコトなく帰ってこれました。

自分の思いこみで、よく調べないで行動すると、たいへん寒い目にあうと、お勉強になりました。



posted by けいけいあかか at 19:23 | Comment(0) | 飛騨・高山ーツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛騨・高山名物!?|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング

と、言うことで、寒さと雪に恐れおののきながら、宿まで戻ってきたので、精も根も尽き果てました。

「近場でご飯」するため、お宿のご主人に伺った「ゲストハウスに宿泊するお客さんを、常連客がいじって飲むのが楽しみ!居酒屋」へ、いじられに行くことにしました。

おかあさんと、おおおかみがふたりで運営している、温かな居酒屋さんでした。

なるべく、飛騨・高山名物らしきものを探し、いただきました。
飛騨ねぎ|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング
▲飛騨ねぎと・・・何でしたっけ( ̄‥ ̄;)

飛騨そば|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング
▲飛騨そば
紅白のくるくるしたかまぼこは、この旅の途中でよく見かけました。
きっと、地元の人にとっては当たり前過ぎて、価値を見いだしていないような隠れた名物なのでしょう。

飛騨名物:赤かぶら漬け|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング
▲飛騨名物:赤かぶら漬け
もちろん、おおおかみの手作り。

地元の方に愛されている「飛騨の食」をいただけて、よかったです(* ̄▼ ̄*)

posted by けいけいあかか at 18:50 | Comment(0) | 飛騨・高山ーツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

五箇山|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング

さて、世界遺産「白川郷の合掌造り」を堪能し、おなかがすいたので、お昼ご飯です。
くる時に目をつけた「道の駅白川郷」にある水屋(みんじゃ)さんの「熊汁定食(数量限定)」を。

このあたりで捕った熊さんだそうな。
くまさんのぬいぐるみが大好きなので「ごめんなさい」しながら、いただきました。

熊汁定食(数量限定)|「道の駅白川郷」水屋(みんじゃ)
▲このくるくると赤いかまぼこは、飛騨・高山名物なのです。
どんな獣臭がするのかしら?と恐る恐る口にしたのですが、あっさりとしていて、おいしゅうございました( ̄¬ ̄)

さて、再びほぼトンネルの高速にのって、あっと言う間に五箇山につきました。
写真の時間からして、熊汁定食の食べはじめが12:50、五箇山最初の撮影が13:38なので30分ほどでついたようです。

五箇山の風景
五箇山では、標高差のある駐車場が国道沿いにあって、駐車場から、エレベーターで、合掌造りの集落へ降りていきます。

五箇山の合掌造り
ほんの少しだけ、青空がでているのが嬉しいです。

桜と五箇山の合掌造り
五箇山では、白川郷よりは桜が咲いていて、笑みがこぼれます。
今後くるときは、桜が満開の時にきたいものです。

五箇山の集落と雪化粧した山
高台にのぼって、五箇山の集落を眺めたところ
雪化粧をした山々が美しい。

だが、しかーし、だんだんお天気が悪くなってきているのが分かるでしょうか(ー’`ー;)

この後、高速で高山のゲストハウスへ帰る途中に「雪」に降られまして。
「雨」でなく「雪」です。しつこいけれど「雪」です。

寒くて寒くて、滑ることへの恐怖から心がポッキリ折れる音がきこえました(*ノ-;*)

本来の出口より、ひとつ手前で高速道路をおりると、何とラッキーなことに、すぐそばに道の駅があったのです。
条件反射で、カラダが動き、気がついたときには、建物の中いました。
缶コーヒで暖をとり、気を取り直し、安全運転でお宿まで帰りました。

やれやれ。


posted by けいけいあかか at 20:20 | Comment(0) | 飛騨・高山ーツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月07日

白川郷へGO|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング

2012年4月10日。
この日はお天気がよろしくないようで、天気予報は「雪」マークです。
「雨」ではなく「雪」。

宿のご主人に「高速道路(東海北陸自動車道)を行けば、ほとんど地下だから、まだましだよ」と元気づけられても、まだまだ半信半疑の都会人でした(* ̄ー ̄)

アドバイスに従い、高速に入ると「雪注意」のアラートが見え、トンネルを抜けると、雪が舞っていたり。
春仕様で、旅にでた自分の軽率さを後悔するばかりでした ̄ー ̄)ノ"

それでも、何とか白川郷にたどりつきました。
こうして山に囲まれ、外部との交流が容易ではなかったからこそ、合掌造りが残ったのでしょうね。

住民の方達の、大切な生活の場なので、お邪魔にならないように謹んで観光します。

130807_srkw_minamo.jpg
この時期にしか見られないであろう「逆さ合掌」
水面に映る合掌造りも風流ですね

130807_srkw_manholl.jpg
マンホールも「合掌造り」

130807_srkw_sakura.jpg
なけなしの桜と合掌づくり

130807_srkw_view.jpg
高台から、白川郷の合掌造りを眺めました。

「あー、自動車が映ってしまう」と愚痴っている自分に気がつき。
よくよく考えると、白川郷は山奥で、集落内にスーパーはないので、自動車がないと生活が不便です。

「昔ながらニッポン」を見たくて、自分の「昔ながらニッポン」に合わないものを排除しようとしている自分の身勝手さが見え、大いに反省しました。

旅にでるたびに、新たな発見があり、ひとつひとつ偏見や思い込みに気がつき、自由になっていきます

posted by けいけいあかか at 19:26 | Comment(1) | 飛騨・高山ーツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛騨高山散策|2013飛騨・高山/白川郷・五箇山合掌ツーリング

2013年4月9日から11日まで、飛騨高山と、白川郷、五箇山の合掌づくり見学に行ってきました。

東京は、桜も散り、気候が温かく「春爛漫」でした。
なので「春仕様」の装備で、ツーリングにでかけました。
それが、大きな間違いのはじまりでした(*ノ-;*)

何せ4ヶ月前のことなので、あまり覚えていないのですが、
中央自動車

長野自動車道

安房峠道路

R158とルートをとって、高山を目指したようです。

安房峠道路(中部縦貫道路)の平湯料金所付近では、道ばたに溶けていけない悲しい雪たちがΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
130807_tkym_hirayu.jpg
「峠の途中だから、標高が高くて寒いんだ」と思っていたら、ところがどっこい、下っていきません。
「あれ?あれ?あれ?」と思っているうちに、高山に到着しました。

まずは予約していたゲストハウスに行き、荷物を置いてから、飛騨・高山の散策開始。
高山の古い町並みの玄関口とも言える「中橋」の桜は、まだ蕾。
130807_tkym_naka.jpg

桜の季節にきたかったなー。
桜の季節にまた、こよう。
130807_tkym_machi.jpg

それにしても、古い町並みは、歩いているだけで落ち着いてきますね。

130807_tkym_shop.jpg
なんてコトないお店にも趣があります。
建物は、窓のカタチ、障子の桟に、品格がでる気がします。

日が暮れるまで、お腹がすいたので、夕ご飯です。
外食を含め「何にしよう」とじっくり考え、高山で創業75年のスーパー「駿河屋本町点おすすめ!飛騨の味『さんまちらーめん』」を選び、ゲストハウスで自炊をすることにしました。

130807_tkym_ramen.jpg
もちろん、地ビール「飛騨高山ビール」付き(* ̄▼ ̄*)

ラーメンは、シンプルで飽きのこない味でした。

続く・・・
タグ:飛騨高山
posted by けいけいあかか at 18:36 | Comment(0) | 飛騨・高山ーツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

天下茶屋でほうとう→富士山|2013春 桃・山梨ツーリング

みさか桃源郷公園をあとにして、帰路につきます。
帰りはR137経由を南下して、中央自動車にでます、という作戦です。

ツーリングマップルを見ていたら「天下茶屋/ほうとうが美味しい。二階には太宰治記念館がある」旨のコメントが目につきまして。
この頃、ひょんなきっかけから「太宰熱」にかかっていたので、たちよることにしました。

「天下茶屋」さんが見えたので、ハンドルを切りました。
ところがどっこい「二階」がないのですが(ー’`ー;)

お店の人にきいたところ「ここは、天下茶屋の『峠の茶屋』河口湖分店。本店に行けばありますよ。」と教えていただきました。がーん。

移動するのが、おっくうになったので(汗)ここで、ほうとうをいただくことにしました。
130805_houtou.jpg
でた!ほうとう
大きな鉄鍋に入ってくるのが、嬉しいです(* ̄▼ ̄*) わーい

すっかり、おなかいっぱいになって、幸せ気分ではしりだしました。

130805_mtfuji.jpg
▲河口湖沿いの駐車場で、日本の象徴「桜」「富士山」のおふたりを、ツーショットで。
桜は、桃とは違った儚さがありますね。

130805_mtfuji_p.jpg
▲さらに談合坂SAには、ピンク色の富士山がいっぱい(笑)

微笑ましい気分になれた、春の1日でした。

次は飛騨高山/白川郷・五箇山に行って、凍えました!の巻です。




posted by けいけいあかか at 12:17 | Comment(0) | 甲信越旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みさか桃源郷公園|2013春 桃・山梨ツーリング

旅をするのが楽しくて、ブログの更新が滞っていました(ー’`ー;)
今後、写真を大きめにして、更新をしていきます。

道なりに走って、本日のメインイベント「みさか桃源郷公園」にたどり着きました。
みさか桃源郷公園|2013春 桃・山梨ツーリング
▲お空と、アルプスの山々と、池と桃が美しい公園です。

みさか桃源郷公園|2013春 桃・山梨ツーリング
▲桃色と黄緑って、意外とあいますね。

桃色のかわいらしい花たちを見ていると、やさしい気分になれました。

posted by けいけいあかか at 11:49 | Comment(0) | 甲信越旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
旅・ツーリング情報発信中
格安航空券サイト比較
高速バス・夜行バス予約サイト比較
旅人の宿
バイク用品(ジャケット、ブーツなど)
キャンプ道具(テント、寝袋等)
郷土料理・B級グルメ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。