→旅・ツーリング情報TOPへ

2013年03月25日

河津桜|2013春 伊豆半島ツーリング

2013年3月7日に、伊豆半島に「河津桜」を見にいってきました。
何でも、日本で一番早く桜が開花する場所が「河津」なのだとか。

2013年春、桜見学の一番最初にでかけてきました

海老名SAでメロンパンを運ぶキティさん|2013春 伊豆半島ツーリング
▲海老名SAの「ぽるとがる」でメロンパンを運ぶキティさん。みどりなのです。

桜色の苺メロンパン|2013春 伊豆半島ツーリング
▲だがしかし、ブランチにチョイスしたのは、桜色の苺メロンパン* ̄ー ̄)と、緑茶

わたしの子供の頃「ぽるとがる」は、スーパーマーケットの西友のインストアパン屋さんだったのですが。
いつの間にか、海老名SA名物に出世したようです。

高速道路をおりて、流れに沿って走り、河津七滝のどこかで休憩(←覚えていません)をしました。

伊豆の踊り子|2013春 伊豆半島ツーリング
▲伊豆の踊り子さんたちがいました。
エリート学生が、流しの芸人さんたちと旅をして、淡い恋をして、自分をみつける甘酸っぱい物語です。
彼らも、この地を訪れたのでしょうね

河津七滝|2013春 伊豆半島ツーリング
▲階段を下っていくと、そこは、滝でした
滝の右後ろの岩が、アンモニアみたいで愉快でした。

七滝ループ橋をくるくる回転しつつ、標高が一気にさがると、そこは桜色が点在する世界。
テンションがあがる↑↑↑あがるヾ( ̄◇ ̄)ノ◇"

さて、目的地「河津の桜エリア」にたどりついたので、歩いて、散策しますわよ( ・`ー・´)

河津桜と、菜の花|2013春 伊豆半島ツーリング
▲可憐なピンク色の河津桜と、菜の花の黄色、河津川の水色に癒されます

仲良しさんの桜|2013春 伊豆半島ツーリング
▲仲良しさんの桜も

桜並木|2013春 伊豆半島ツーリング
▲河津川沿いの遊歩道は、桜並木です♪

天気もよいし、可憐な花たちを見て、やさしい気持ちになりました(* ̄∇ ̄*)

さて、R135経由で帰路につきます。
よくよく考えると、朝から、海老名SAで苺メロンパンをお腹にいれた以外、何も食べてないのです (ー_ーゞ

と、言うことで、オレンヂセンターによることにしました

ウルトラ生ジュース|2013春 伊豆半島ツーリング
▲ウルトラ生ジュースって??気になりますよね

でも、ご飯が先です。

|2013春 伊豆半島ツーリング
▲「河津の庄」さんで、金目鯛うどんをいただきました。
白味噌仕立てで、金目鯛がほろほろしており、食べ甲斐がありました。

さて「ウルトラ生ジュース」です
1杯飲むと、3年長生き|2013春 伊豆半島ツーリング
▲1杯飲むと、3年長生き。昭和41年開店より、ずっと変わらない味だそうな

わたしの目の前で、本当に、みかんをジューサーにいれて、つくっていただきました。
みかんの繊維や、つぶつぶが、そのまま残っていて、自然の恵みを堪能できました

この後、渋滞にはまりつつ、無事におうちまで帰ってきましたとさ。
華奢でかわいらしい桜を、好天のもと見ることができ、幸せでした♪


posted by けいけいあかか at 21:36 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

三食丼@ふしみ食堂|2012晩秋 伊豆半島ツーリング

「怪しい秘密基地 まぼろし博覧会」をあとにして、昼ご飯を目指します。

「お魚が食べたい」

ツーリングマップルに「地元の新鮮な魚が安くてうまい」と紹介されている「ふしみ食堂」さんにお邪魔することにしました。

▼「本日のおすすめ」の三食丼
三食丼@ふしみ食堂|2012晩秋 伊豆半島ツーリング
まぐろと、シラスと何か(忘れました(/ ̄▽)/)
みそ汁や、おしんこ、茶碗蒸しまでついています。

海のそばで食べる地魚ってよいですね。

この後、西湘バイパス→東名経由でおうちに帰ってきました。
長くなりましたが、これにて「2012晩秋 伊豆半島ツーリング」は終了。

読んでいただき、ありがとうございました。
posted by けいけいあかか at 21:07 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怪しい秘密基地 まぼろし博覧会|2012晩秋 伊豆半島ツーリング

怪しい少年少女博物館」をあとにして、姉妹館の「怪しい秘密基地 まぼろし博覧会」へ。

▼元あった看板の上にお絵描きをしたものの「はげてしまった」感のある看板
怪しい秘密基地 まぼろし博覧会の看板|2012晩秋 伊豆半島ツーリング

▼駐車場には、パトカーが停まっていました(爆)
怪しい秘密基地 まぼろし博覧会の駐車場|2012晩秋 伊豆半島ツーリング
50円玉いれても、動いてくれなさそうです。
何かのご縁なので、となりの区画にハレ吉くんを、停車。
その向こうには、埴輪さんが見え隠れ。。。

さすが、怪しい少年少女博物館の姉妹館だけあって、駐車場から飛ばしています(ノ_・。)

▼高貴で陽気な受付嬢がしたたかな笑みを浮かべて迎えてくれました
高貴で陽気な受付嬢@怪しい秘密基地 まぼろし博覧会|2012晩秋 伊豆半島ツーリング
絶対に嫌われてはいけないタイプの女性です。きゃあ。

中は、全部で3つのゾーンに分かれています。

▼[その1]温室ゾーンのメイン(たぶん)巨大聖徳太子さま
巨大聖徳太子@怪しい秘密基地 まぼろし博覧会|2012晩秋 伊豆半島ツーリング
※ゾーンの名前は、記憶にたよって、適当です。

▼[その2]昭和の小道
昭和の小道@怪しい秘密基地 まぼろし博覧会|2012晩秋 伊豆半島ツーリング
BGMには、昔懐かしの昭和の曲がかかっていました!
わたしが足を踏み入れた時には「バカボン」の♪あおぞらのうめぼしにー♪がかかっていて、感激(@@;)

▼壁には、昭和の広告がはられています
昭和の広告@怪しい秘密基地 まぼろし博覧会|2012晩秋 伊豆半島ツーリング
この時代は、ノーヘルでバイクに乗れたのでしょうね。
しかも「むし暑い日本の夏のいらいらを140キロのスピードで振り飛ばして下さい」とあります。
「140キロだしてOKの道」が、日本に存在していたのでしょうか?

▼けっこう仮面とサイケデリックなお姉さん
けっこう仮面とサイケデリックなお姉さん@怪しい秘密基地 まぼろし博覧会|2012晩秋 伊豆半島ツーリング
「頭隠して、尻隠さず」とは、こういうことをいうのでしょう。

▼「族車」だってあります。
怪しい秘密基地 まぼろし博覧会の族車|2012晩秋 伊豆半島ツーリング
10年くらい前に、さいたまの大宮に住んでおりまして。
土曜の夜に、おうちの前の国道を「族」がパレードをする習慣がありました( ̄ー ̄∂)
そこには、昭和がありました。
彼らが、まっとうな大人に育っていることを願ってやみません。

▼EXPO70のうちわを帯にさしたお兄さん
怪しい秘密基地 まぼろし博覧会のEXPO70|2012晩秋 伊豆半島ツーリング
このポーズがたいへんつぼにハマりました

▼[その3]秘宝館とお化け屋敷を足して1.5でわったような展示
王様@怪しい秘密基地 まぼろし博覧会|2012晩秋 伊豆半島ツーリング

お触りしていいのか、お触りしていいのかわからず、しばし悩み。
結局、こっそりお触りしてきました(。・・。)

さて「珍」のダブルヘッターで、お腹が減ったので、昼ご飯です。
posted by けいけいあかか at 20:48 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

怪しい少年少女博物館|2012初秋 伊豆半島ツーリング

「ご近所さんに悪いので、出発は8:00過ぎにしてね」というcycle:yaのご主人を言い伝えを遵守して8:00に出発。
ちょっと寄り道をして、迷って、この日の「メインイベントその1:怪しい少年少女博物館」に到着しました。

▼ペンギンに変装したメタボ「怪人二十面相」さんが、不気味な笑顔で迎えてくれました( ̄Θ ̄;)
怪人二十面相|2012初秋 伊豆半島ツーリング
あとで調べたら、「怪しい少年少女博物館」は、元「ペンギン博物館」だったそうな。
だとすると、この像は、ペンギンさんが、怪人二十面相に化けたものなのでしょうか?

館内には、昭和好きにはたまらないへんてこ展示が満載(@人@)

▼妙に色っぽい蚊取り線香の看板
蚊取り線香の看板|2012初秋 伊豆半島ツーリング
当時の「蚊取り線香決定権」は、男子さんにあったのですかね?

▼「丑の刻参り」の人
丑の刻参り|2012初秋 伊豆半島ツーリング
この気合いがあれば、藁人形に五寸釘を打たなくても、きちんと現実に立ち向かえそうです。

▼足のある幽霊さん
足のある幽霊さん|2012初秋 伊豆半島ツーリング
おまけに足にほくろまであるのです。変なところが生々しい。
何かを夢見ている表情です。

▼仮面をかぶったサンタギャル
サンタギャル|2012初秋 伊豆半島ツーリング
何が、何だか。

▼昔懐かしのレコードLP
昔懐かしのレコードLP|2012初秋 伊豆半島ツーリング
レコード→CD→パソコンや、スマフォにダウンロードと「音楽」は進化してきました。
数十年後には、こんな展示はできなくなるでしょうね。

▼昭和のおもちゃだってあります
ドラミちゃん|2012初秋 伊豆半島ツーリング
このドラミちゃん、何かが変だ!とじっと見つめて気がついた。
そうだ!まゆげがないのだ。
大人になって、バニーガールになって、眉をそろえたのでしょうか?
ああ。ドラミちゃん。すっかり「女」になって。

▼さらに「怪しい夜の学校」も
怪しい夜の学校|2012初秋 伊豆半島ツーリング

見るものすべてが、突っ込みどころが満載で、たいへん楽しめました。




posted by けいけいあかか at 23:59 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

Cycle:yaさんで直火キャンプ|2012初秋 伊豆半島ツーリング

さて、本日のお宿「Cycle:ya」さんです。

・tipiという常設のテントで宿泊できる
・テントの中でも、焚火ができる!外で、直火も可能!

というのが魅力のキャンプ場です。

いろいろ寄り道をしているうちに、Cycle:yaさんに着いたのが、18:00前で。
「Cycle:yaに泊ってます!」と言うと、割引をしていただける温泉にいき、帰ってきたらどっぷり暗くなりました(ノ_・、)
※Cycle:yaさんに、シャワーや、お風呂はありません。トイレは水洗です。清潔です※

▼Cycle:yaさんには、灯りがあるので困りません
Cycle:yaさんの夜|2012初秋 伊豆半島ツーリング
この日は、平日で、かつ暑い季節なので(焚火の恋しくなる季節の休日に来る方が多いそうです)、キャンプ場をひとり占めです(* ̄∇ ̄*)

星を眺め、虫の鳴き声をききながら、焚火スタート!

わたしの「焚火能力」を考慮し「イキイキラーメン」をつくります。
イキイキラーメン|2012初秋 伊豆半島ツーリング
伊豆にあるメーカーさんがつくっているようです。

Cycle:yaさんのご主人に教えていただいた内容を思いだしつつ、火をつけます。
火|2012初秋 伊豆半島ツーリング
いつも、大勢でキャンプをするときに「がんばってね」と応援し、見守る役だったのを、後悔しつつ、何とか火をつけました。

木の爆ぜる音が耳に心地よい。
木の香りも、やすらぎます。

何とか、イキイキラーメンが、できあがり、おいしくいただきました。

▼翌朝、明るいときに撮影したtipi
tipi@Cycle:yaさん朝|2012初秋 伊豆半島ツーリング

▼まきで沸かした「朝のコーヒー」をいただくという贅沢をしました
まきで沸かした「朝のコーヒー」|2012初秋 伊豆半島ツーリング
正直、ストーブをもってくればよかった、と後悔はいりました。
最悪、調理場に、ポットがあるので、お湯が沸かせます。

でも、そんな野暮なことをしてはいけない気もしまして。

おかげで、優雅な時間を過ごせました。







posted by けいけいあかか at 17:27 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいあい岬→石廊崎→下田→河津|2012初秋 伊豆半島ツーリング

さて、お腹が満足したので、伊豆半島の海沿いを流しつつ、本日のお宿「Cycle:ya」さんを目指します。

▼加山雄三ミュージアムの前にあった、茶色のセブンイレブン
茶色のセブンイレブン|2012初秋 伊豆半島ツーリング
実は、伊豆半島、景観に厳しいのですね(汗)

▼どこかで見かけた、棚田
棚田|2012初秋 伊豆半島ツーリング
日本のそこかしこに棚田があります。
過酷な農作業をされている方たちがいらっしゃるのですね。

▼あいあい岬の奇岩たち
あいあい岬の奇岩|2012初秋 伊豆半島ツーリング
逆光で、写真が暗くなってしまったのが、残念

▼石廊崎の駐車場にいらっしゃった「役の行者」さん
役の行者|2012初秋 伊豆半島ツーリング
何だか、強そうです( ̄◇ ̄;)
石廊崎まで歩こうかしら?とも思ったのですが、疲れてきたので、パスしました

▼下田開国博物館
下田開国博物館|2012初秋 伊豆半島ツーリング
歴女さん必見!入館は17:00まで。この時16:50。
お外から記念撮影をして、満足しました。

▼道の駅開国下田みなとに停まっていた遊覧船「サスケハナ号SUSQUEHANNA」
遊覧船「サスケハナ号SUSQUEHANNA」|2012初秋 伊豆半島ツーリング
下田港を遊覧できるそうな。
お船に乗って、優雅に観光をするのもよいかも知れません。。。

それから県道14号線にはいって、河津方面へ。
早い時期に咲く「河津桜」がこのあたりにあると、気がつき。

桜の時期に、河津ループとセットで、完全防寒でこよう!と誓いました
posted by けいけいあかか at 16:38 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小アジ寿司@三共食堂|2012初秋 伊豆半島ツーリング

恋人岬をあとにして、今度こそ「小アジ寿司」を目指します。
R136から少しはいったところにあるので、看板を見逃さないように、ゆっくりめに、目を皿のようにしてはしります。

看板にしたがって、無事に到着。
さっそく、「小アジ寿司(並)1,260円」を注文しました
小アジ寿司@三共食堂|2012初秋 伊豆半島ツーリング
すし飯と、ネタの間に大葉がはさまっていたり、薬味が盛りつけてあったりで、手が込んでいます。
「豪快な漁師料理」と言うよりは、「新鮮な地魚の繊細な料理」です。

お魚のくさみが、まったくなく、薬味と一緒に、おいしくいただけます。
「10個も食べられなーい」など、かわいらしいことを思っていたのですが、ぱくぱくと、あっと言う間に完食しました。

他にも、おいしそうな地魚がいっぱいありました。
お魚、食べたくなったら、また、行こーっと。

posted by けいけいあかか at 15:41 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋人岬|2012初秋 伊豆半島ツーリング

さて、日本一のダルマさんをみたあと、たいへんお腹がすいたので「小アジ寿司」がおすすめ!(と、ツーリングマップルが言ってました)の食堂を探しながらR136を進みます。

そうしましたら。
また、またアンテナが反応しました。
今後は「恋人岬」です。

お腹と相談をして、恋人岬によることにしました

▼恋人岬の看板
恋人岬の看板|2012初秋 伊豆半島ツーリング
「lovers cape」「toi spa」ではなく、ローマ字なのです( ̄  ̄!)
伊豆半島のゆるさが、こんなところにでている気がします。

けっこうハードな遊歩道があり、「鐘」がふたつもあります。
せっかくなので、鳴らしてきましょう。
きっとご利益があるはずです。

▼幸せの鐘(金の鐘)
金の鐘|2012初秋 伊豆半島ツーリング
ちっちゃいこが、重たそうな鐘を支え、健気です(*ノ-;*)

昔は「金色」だったのですが、時間の洗練を受け「青銅色」に変化してきたみたいです。
人間関係も、そうやって変化をしていくのでしょうか?

▼アモーレ像と、富士山
アモーレ像と、富士山|2012初秋 伊豆半島ツーリング

この風景の左側に「愛の鐘」があるはずですが、写真がないのです。
ちなみに、桂由美さんの「恋人の聖地」ではないみたい。

食前の腹ごなしに、なかなかよい散策スポットでした。

posted by けいけいあかか at 15:21 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

土肥金山→日本一のダルマさん|2012 初秋伊豆ツーリング

伊豆極楽園」を堪能し、R136を海沿いにはしっていると…「土肥金山」の文字が見えてきました。

「世界一の金塊」にトキメキを覚え、ひとまずお外からのぞいてみることに。
何だか「珍」の馨りが。

▼千両箱のオブジェがありました
120910_d_toi.jpg
一枚でよいので、本物が欲しいものです

「世界一の金塊は?世界一の金塊は?」と、きょろきょろしたところ、有料ゾーンにあるようです(*ノ-;*)
いろんなことが億劫になってきて、今回は見送ることにしました。

そして、R136をぼへっとはしっていると「日本一だるま寺」の看板が目にとまり。
「ONLY1」を尊重しつつも「世界一」だとか「日本一」に弱いのです

さっそくよらせていただくことにしました。

▼自分の弱っている部分に水をかけると、病気が治るありがたいだるまさん
120910_d_w.jpg
このときに、手にぼつぼつができていて、痒かったのです。
なので、ダルマさんのおててに、水をかけたところ、数日後に、ぼつぼつが治りました。
※汗疹が、涼しくなって治ったのかも知れませんが。

▼境内には、いつつごのだるまさん
120910_d_5.jpg
お顔に、それぞれ個性があります。

▼本堂の前にもダルマさんが
120910_d_d.jpg

ところで、日本一のダルマさんは??

お寺の方が、微笑みながらでてきたのできいてみると…
「日本一のダルマさんは、本堂の中にいらっしゃいます。本堂の中に入るには、拝観料が必要でして」

ああ「やられた」感が否めません。。。
せっかくきたのだから、日本一のダルマさんを見学させてもらいましょう。

▼いた!日本一のダルマさん
120910_d_no1.jpg

赤くて丸いダルマさんではなく、達磨大使さまでした。
すべてを見通しているようなお顔です。

▼人間の願いを、そのカラダに貼付け「クレオパトラ」状態の、だるまさんたち
120910_d_d2.jpg
人間の願いに埋もれるだるまさん。
人間の煩悩の深さに、呆然としました。

ダルマさんのお顔の部分だけ、外して、お札を貼ってあるので「分別がある」「遠慮している」「慎み深い」と思えなくもないですが。










posted by けいけいあかか at 23:29 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

伊豆極楽苑|2012年初秋 伊豆半島ツーリング

きれいのどころの修善寺をあとにして、次は珍スポットそして名高い「伊豆極楽苑」へ。

人間が死んだあとは、どんなシステムになっているのか?を、地獄に重点を置いて教えていただけれるスポットです。

▼鬼さんが、満面の笑顔で迎えてくれます( ̄□ ̄;)
伊豆極楽園の鬼さん|2012年初秋 伊豆半島ツーリング
鬼さんの笑顔は、生まれてはじめて見た気がします。

▼館長夫人(おそらく)に、人間の死後のシステムについて解説をしていただき
人間の死後のシステム@伊豆極楽園|2012年初秋 伊豆半島ツーリング

…わたしの日頃の行いは、けっして「よい」とは言えないのですが、よもや、地獄に堕ちることはあるまい。。。
だからこそ、地獄をみておきたく。

▼さて、地獄巡りの旅に。まずは、賽の河原です
賽の河原@伊豆極楽園|2012年初秋 伊豆半島ツーリング
石を積んでは、壊され、石を積んでは、壊され。。。

▼懸衣翁では、着ているものを脱がされ、枝にかけられ、枝のしなり具合で罪の重さが分かるのだとか
懸衣翁@伊豆極楽園|2012年初秋 伊豆半島ツーリング
「ざっくり手編みのセーター」を着てたら枝がしなりそうです。
「カシミアのセーター」なら、枝は動かなさそうです。

…そういう問題ではないのでしょうが。

▼おなかが空き、成す術無く、人骨を食べる人々
餓鬼@伊豆極楽園|2012年初秋 伊豆半島ツーリング

▼ええっ「飲酒の罪」で釜ゆでですか(*ノ-;*)
釜ゆで|2012年初秋 伊豆半島ツーリング

わたし、ビール大好きです。温泉は、ぬるいお湯が大好きです。
熱湯(しかも血、ですか?)なんて、耐えられません。

悪いことはできるだけしないで、清く正しく生きよう、と前向きな気分になりました。

posted by けいけいあかか at 20:10 | Comment(0) | 箱根・伊豆ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
旅・ツーリング情報発信中
格安航空券サイト比較
高速バス・夜行バス予約サイト比較
旅人の宿
バイク用品(ジャケット、ブーツなど)
キャンプ道具(テント、寝袋等)
郷土料理・B級グルメ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。